【2020年版】メーカー別モニターアームおすすめ7選【良コスパ】

モニターアームって皆同じように見えるけど違いってあるの?色々あってどれがいいの?と迷いますよね。そんな方のために今回はおすすめしたいモニターアームを4メーカーから7個チョイスしました。


ここから選べばまず間違いないというものを選定したので是非参考にして頂けたらと思います。


そもそもモニターアームって何?
という方は以下の記事で詳しい説明をしているのでを先に見て頂けると幸いです!↓

スポンサーリンク

エルゴトロン

モニターアーム界隈では重鎮とも呼べる有名ブランドです。
購入に迷った際はとりあえず「エルゴトロン」で間違いありません。


価格は比較的高めですがそれに見合う性能を発揮してくれます。

LX デスクマウント デュアルモニターアーム

スペック
  • モニター数:2枚まで
  • モニターサイズ:24インチまで
  • モニター重量:1アーム9.2㎏まで/最大総重量18.1㎏まで
  • 対応VESA規格:75㎜×75㎜、100㎜×100㎜
  • 本体重量:7.2㎏
  • 本体固定方法:クランプ式、グロメット式

モニターアームといえばこれ!となるくらい有名なアームです。
エルゴトロンの中でも代表的なのがこの「LXシリーズ」

高耐久のアルミニウム製。価格は3万円以上というモニターアームの中では高価でありながら利用者数が非常に多いモデルです。Amazonの評価も高評価。

保証期間は10年と長いため、故障した際も安心です。
またコンスタント・フォースという技術によりディスプレイの配置調整が容易に行えます。

迷ったらとりあえずこのモデルを選んでおけば間違いないです。

MX デスクマウント モニターアーム

スペック
  • モニター数:1枚
  • モニターサイズ:30インチまで
  • モニター重量:6.3㎏~13.6㎏まで
  • 対応VESA規格:75㎜×75㎜、100㎜×100㎜
  • 本体重量:3.64㎏
  • 本体固定方法:クランプ式、グロメット式

こちらはディスプレイ1枚用のアームです。モニターサイズ30インチまでという大型のモニターにも対応しています。

大型モニターは配置を変えるだけでも特に力が必要となるため、このアームがあればその悩みも解消できます。10㎏以上のモニターを扱う場合設置するデスクへの配慮も忘れないようにしましょう。

以下のような補強プレートでデスクを保護するのがおすすめです↓

HXデスクモニターアーム ホワイト

スペック
  • モニター数:1枚
  • モニターサイズ:42インチまで
  • モニター重量:9.1㎏~19.1㎏まで
  • 対応VESA規格:75㎜×75㎜、100㎜×100㎜、200㎜×200㎜
  • 本体重量:6.9㎏
  • 本体固定方法:クランプ式、グロメット式

こちらの「HXシリーズ」は先に紹介したMXシリーズより更に大型のモニターを固定したい方におすすめです。42インチという大型テレビ並みのモニターにもしっかり対応しています。

大迫力のディスプレイを好きな角度に調整して楽しめます。ここまで来るとアーム+モニター重量もかなり重くなるため、デスクの耐久性やバランスに気を付ける必要が出てきます。

スポンサーリンク

サンワダイレクト

エルゴトロンはちょっと高い…もう少しリーズナブルでかつ頑丈なアームが欲しいという方は「サンワダイレクト」がベスト。安く抑えながらも自由度の高いアームを取り揃えています。

モニターアーム デュアルモニター対応 2画面 3関節 クランプ固定

スペック
  • モニター数:2枚まで
  • モニターサイズ:24インチまで
  • モニター重量:1アーム10㎏まで/最大総重量20㎏まで
  • 対応VESA規格:75㎜×75㎜、100㎜×100㎜
  • 本体重量:5.17㎏
  • 本体固定方法:クランプ式

3関節でモニターの微調整がしやすいアームです。モニターの高さを本体後ろにあるレバーを操作するだけで昇降させる事が出来ます。

ケーブルフック(モニターから伸びたケーブルを収納できるスペース)があるため、邪魔になりがちなケーブル類を纏める事が可能です。

4000円~6000円で購入できるためモニターアームをひとまず試したい方にもおすすめできます。

モニターアーム 3画面 クランプ&グロメット

スペック
  • モニター数:3枚まで
  • モニターサイズ:24インチまで
  • モニター重量:8㎏まで
  • 対応VESA規格:75㎜×75㎜、100㎜×100㎜
  • 本体重量:5.4㎏
  • 本体固定方法:クランプ式、グロメット式

こちらは3枚までのモニターに対応しているアームです。同じモニターを3つ並べる事でウルトラワイドモニターのようにもできます。

中央のモニターだけは角度と回転のみ調整可能です。
トリプルディスプレイを楽しみたい方はこちらのアームをおすすめします。

スポンサーリンク

グリーンハウス

性能はまあまあでもいいからとにかく安いアームが欲しい!という方におすすめなのが「グリーンハウス」。といっても十分実用的な性能なのでご安心ください。


アームの見た目がシンプルなものが多いので、あまり部屋でアームを目立出せたくない方でも扱いやすい品が多くあります。

液晶 ディスプレイアーム 4軸 2画面 クランプ式

スペック
  • モニター数:2枚まで
  • モニターサイズ:30インチまで
  • モニター重量:1アーム10㎏まで/最大総重量20㎏
  • 対応VESA規格:75㎜×75㎜、100㎜×100㎜
  • 本体重量:3.8㎏
  • 本体固定方法:クランプ式

軽量かつ細身ながらも30インチ最大20㎏まで対応しています。
極力シンプルな作りになっているため調整用レバー等は無く、高さ調整は六角棒レンチで行います。

クランプ部分には天板保護のためのマットが付いているため傷を防ぎます。
余計な機能は付けずにただモニターを支える事に注力しているアームです。

HUANUO

有名メーカーでは無いものの個人的にイチオシしたいのが「HUANUO」製モニターアーム。
価格はそこそこ高パフォーマンスを発揮してくれる非常にコスパが良いアームとなっています。

筆者がメインで使っているアームもこのHUANUO製です。

PC モニターアーム 2画面 液晶ディスプレイ アーム デュアル ガススプリング式

スペック
  • モニター数:2枚まで
  • モニターサイズ:17~32インチまで
  • モニター重量:1アーム8㎏まで/最大総重量16㎏
  • 対応VESA規格:75㎜×75㎜、100㎜×100㎜
  • 本体重量:5.94㎏
  • 本体固定方法:クランプ式、グロメット式

こちらは独立した2本のアームが1本の支柱から伸びる形になっています。
モニターの位置調整はこちらも六角棒レンチで行います。

ケーブル収納スペースとカバーがあり、収納した際にケーブルを目立たなくする工夫がされています。
広めの可動域のおかげでサイズの違うモニターでも問題無く配置できます。

カバーのせいかちょっとだけ見た目がゴツイ感じになります。

まとめ:予算があるならエルゴトロンがおすすめ

ここまで7つのモニターアームを紹介してきましたが、耐久性にはどうしても個体差が出てしまったりガススプリングの場合は数年で支える力が落ちてしまうものもあります。


出来る限りそのような事態は避けたいですよね…。そうなると10年保証が光るエルゴトロンが安定するという結論に。アームの中では非常に高額ですがそのブランド力と保証は本物です。


エルゴトロンのアームを使っているというだけでわかる人からは「おっ」と一目置かれるかもしれません。そのくらいには凄いメーカーです。


と、筆者は圧倒的にエルゴトロン推しですね。あとはあなたのお財布次第です!


途中でも紹介しましたがクランプ式固定の場合、モニター積載重量によらず補強プレートの使用を強く推奨します。


長期間に渡って机に数十㎏の圧力がかかってしまうため、補強無しだとかなり痛みます。
アーム購入の際はセットで購入するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました