パソコン関連

【KOVOL】「USB 急速充電器 65W」レビュー|ノートPCやswitchも充電できる高出力充電器

KOVOL様より「USB急速充電器65W」を提供して頂きましたので約1週間ほど使用してみたレビューを書いていきます!

トータル65Wの出力を可能にしておりスマホ、switch、ノートパソコンに至るまで充電することができるようです。

当記事では良さげな充電器を探している、KOVOL製充電器が気になっている、使い勝手がどんな感じなのか知りたいという方に役に立つ情報を取りまとめているので検討の手助けになれば幸いです。

それでは紹介に入っていきましょう!

スポンサーリンク

KOVOL急速充電器の内容物

早速内容物紹介から。
箱に入っていたものはこちら。

内容物
  • 65W充電器本体
  • 充電器への給電ケーブル
  • ユーザーガイド(説明書)
  • THANK YOUカード

海外ブランドの充電器によくある4セットですね。
THANK YOUカードというのは「買ってくれてありがとう!」的なやつ。

因みに充電対象デバイスへの接続ケーブル(USB-CやUSB-A)は付属してないので自分で用意する必要があります

小難しい機能は無くシンプルで充電器を初めて手に入れる人でも安心な「繋げば使える」仕様。

スポンサーリンク

KOVOL急速充電器の見た目

では次に充電器本体を色んな角度から見てみましょう。
まずは全体像はこんな感じ。

短辺が約4㎝、長辺が約7.5㎝の大きさで重量はだいたい165g程度
届く前はもっと縦長なのかな~と思ってましたが想像より小さく持ち運びもしやすそうです。

手に持ってみると程よく重量があり形状も相まって安定感があります。

続いてデバイスへの充電を行う接続口周辺↓

4つ口で左側2つがQC3.0右側2つがPD3.0になっており急速充電に対応
右下のKOVOLロゴの左には通電を示すインジケーターがあり電源と繋ぐと緑色に光ります。

次に充電器への給電ケーブル接続口がある裏側↓

PSEは勿論認証済み。
出力も65Wとちゃんと記載がありますね。

見た目の紹介はここまで。
次はスペックを見ていきましょう。

KOVOL急速充電器のスペック

KOVOL急速充電器65Wのスペックはこちら。

仕様詳細
モデル名KV-PC002
Input(入力)100-240V-50/60Hz 1.5A Max
PD Output(出力)5V-3A,9V-3A,12V-3A,15V-3A,20V-3.25A,65W Max. each port
QC Output(出力)5V-3A,9V-2A,12V-1.5A,18W Max. each port
Total Output(出力)65W
構成素材GaN(窒素ガリウム)
寸法約7.5×約4.0×約4.0㎝
本体重量約165g

接続されたデバイスに応じて自動的に電流を分ける電流配分システムが搭載されているので安全性、充電効率にも配慮されています。

更に次世代の素材「GaN(窒素ガリウム)」を用いており小型化、効率化に拍車をかけ一つのCポートでも最大65Wの出力が可能になるなど従来の充電器よりもパワーアップした存在であることが伺えますね。

実際に充電してみた様子

それではここからは実際に充電している様子を見ていってみましょう。

せっかくだからPD対応のノートPCで実践!…といきたかったですが残念ながらPD対応機種を所有してなかったので手元にあるモバイルバッテリーとワイヤレスイヤホンへの給電をしてみることにしました。

まず充電器本体に電源ケーブルを繋ぐと…

こんな感じにインジケーターが緑色に点灯します。充電が正常に行える合図。
電源に繋いだら充電したいデバイスにケーブルを繋げていきます。

今回は両方ともUSB-A。奥まで差し込むのにちょっとだけ力が要ります。

差込部分の金属が少し見えていますがガタガタしたりはしません。しっかり挿さってます。
消費電力(W)にまだまだ余裕があり無事に充電出来てる模様↓

あとスマホ一台くらいであれば同時充電できそうですね(スマホで写真撮ってるので繋げられない失態)。

KOVOL急速充電器:良かった点

一通りKOVOL急速充電器を使ってみて良かった点をまとめてみました。

  • 配線によって接続口の向きを調整できる
  • 消費電力の小さなデバイスを複数充電するのに最適

配線によって接続口の向きを調整できる

直方体という形状なので本体の向きを変えれば接続口の向きを縦にも横にもできるのは地味ながらも助かるなと思った点。

早い話こういう風に向きを変えられるという感じ↓

物凄い単純なことですが配線やデバイスを使う位置によっては絡まないように微調整が必要なのでこれができるのはでかいなと。

最近見かける薄型や背の高い形だとこうは出来ないことが多いため特筆すべき点だと感じました。

消費電力小~中程度のデバイスを複数充電するのに最適

今回試したようにモバイルバッテリーやワイヤレスイヤホンといった比較的消費電力が小さめのデバイスに恐らく普段使う頻度が高いであろうスマホorタブレットorゲーム機など1~2台で運用すると良さそう。

iPhoneだと確か15~20W程度見る必要があるので4つ口全て使うのは難しくなりそう、ということで上記のような組み合わせがバランスいい気がします。

消費電力が数ワット程度のデバイスなら4つ口フルで使っても余裕+高速充電可能なのでいくつかそういうデバイス持ってる方には断然おすすめですね。

KOVOL急速充電器:ここもうちょっと欲しかった点

改善点までいかないですが欲を言えば…という点を一点だけ。

  • ノートPC+他デバイスの充電だともう少し余裕が欲しい

ノートPC+他デバイスの充電だともう少し余裕が欲しい

ノートPCも充電できる!というのは事実です。
が、65Wはちょっと余裕が無くなる数値だったりします。

参考までにMacBook Pro 13に付属しているUSB充電器が出力61WなのでKOVOL急速充電器は要件は満たしていますが消費電力によっては1台で限界が見える可能性有りです。

スマホ社会になった今「ノート充電しながらスマホも充電したいなあ」と言う人は現代ではそこそこ多いと思うので欲言わばもう少しだけ出力に余裕が欲しい…。


と思ってたら実は更に上の120Wモデルがあるという…!KOVOLさん流石です。

実はレビューを受ける際に120Wモデルもということだったのですが、どうやら人気製品らしく在庫薄で今回はお預けになっていましたというオチでした。

てなわけでノートPC+αで充電をお考えの方はこちらを使えば何ならノートPC2台を同時充電できるスーパー充電器なので120Wモデルを推奨します!

出力によって使い分けすると考えたらこちらも評価点ですね…!

まとめ:満足な性能の隠れた良ブランドKOVOL充電器

以上がKOVOL急速充電器65Wのレビューでした。

置きやすい形状、QCとPDに対応、高出力と満足いく性能で120Wのモデルもあり選択肢があるとかなり使いやすくまとまった充電器という印象を持ちました。

コンパクトなので出先でも問題無く持ち歩けますし、これ一つでノートPCとスマホを同時充電可能なので頼もしい相棒になってくれるはず!

~今だけAmazonにてクーポン10%オフ割引実施中!~

コメント

タイトルとURLをコピーしました