スマホでかんたんリンクが表示されない時の原因と対処法【「リンク」の文字だけ表示される方へ】

かんたんリンクがスマホで表示され無い時の対処法

当記事ではもしもアフィリエイトの「かんたんリンク」がスマホで見た時にリンクボタンや商品画像が無く「リンク」という文字表示のみになってしまっている問題を解決します。


放っておくと離脱率の増加やサイトとしての信頼性を失う恐れもあるので早めに対処しておきましょう。

>>もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」とは?

スポンサーリンク

状態:スマホで見た時のみ「リンク」という文字だけ表示される

疑問

以下の画像のようにスマホで見た時のみ「リンク」の文字だけ表示されてしまっている方が対象です。
※スクリーンショットを忘れてしまったため自作画像での説明となります。ご了承下さい。

かんたんリンクが文字だけの表示になってしまう例
スポンサーリンク

原因:かんたんリンクはAMPに非対応

原因

文字だけが表示されてしまう原因は結論から言うと「AMP」です。


AMPとはGoogleが推奨するスマホでのウェブページ表示速度を高速化する仕組みです。


AMPが有効になっていると「AMPページ」という通常のページとは別の専用ページが生成されるようになります。


かんたんリンクはAMPページに非対応だったというわけです。

AMPページかどうかを調べるには…

AMPページか通常ページかを判断するにはスマホからキーワードで検索した際の「稲妻マーク」の有無を確認してください。


ここで「稲妻マーク」がある場合AMPページです。

AMPマーク
スポンサーリンク

対処法:AMPをオフにする&ページを再度インデックスする

対処法

ここからはかんたんリンクを正常な表示に戻すための対処法です。


AMPをオフにして通常ページに戻す作業を行います。


具体的な手順は以下の通りです。

通常ページに戻す方法
  1. テーマ内orプラグインのAMP設定をオフにする
  2. 該当ページをサーチコンソールで再度インデックスする

①テーマ内orプラグインのAMP設定をオフにする

使用しているテーマ内にAMP設定の項目がある場合はオフにしてください。


当サイトで使用しているテーマ「Cocoon」だと「Cocoon設定」にAMPの項目があります。

CocoonのAMP設定項目

プラグイン「AMP」等で設定してある場合プラグイン内の設定をオフにしてください。

②該当ページをサーチコンソールで再度インデックスする

スマホから見るページをAMP用ページから通常ページへ変更することになります。


URLの変更は必要ありませんが実質別物のページになるため、サーチコンソールから再度インデックス登録を行います。


普段新規の記事を登録するのと同じ手順でOKです。

サーチコンソールのインデックスページ

因みにこの手順は必須ではありません


AMP設定をオフにしてから数日~数週間の間にGoogleのクローラーがページの変更を検知して通常ページとして扱うようになります。


「すぐにでもかんたんリンクを正常に表示させたい!」という方は②の手順を踏むことで早めに通常ページに戻せる…という感じです。

通常ページに戻した弊害はあるのか?

感情

AMPページから通常ページに戻したことにより「Googleが推奨していることに背いてしまったのではないか?」と心配される方もいらっしゃるかと。


ご安心ください。弊害はありません


AMPを解除したことで多少表示速度が落ちることはどうしてもあるかと思います。しかしそれは体感できるほど遅くなるわけではないです。


また解除したからといって検索順位が極端に落ちたり、Googleからペナルティを受けるといった心配もありません


むしろこれまでかんたんリンクが正常に表示されてなかったことのほうが問題であったため、その問題が解消したことにより離脱率の減少等の恩恵が見られるはずです。

まとめ:アフィリエイトリンクがAMP対応か確認しよう

まとめ

以上がかんたんリンクが正常に表示されない時の原因と対処法でした。


最後にまとめとして以下の2点を覚えておきましょう。

  • かんたんリンクはAMPに非対応
  • かんたんリンクがあるページはAMPをオフにする


ここではもしもアフィリエイトの「かんたんリンク」を扱いましたが、他のASPのアフィリエイトリンクもAMPページに非対応のものがあるかもしれません。


非対応なアフィリエイトリンクを設置してしまうと今回のように表示すらされず、読者がリンクを踏めずに収益にも一切繋がらない事態に陥ることも。


該当ページの評価を大きく落とすことにも繋がるため、対応しているかどうかは必ず確認するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました