Web知識

話題の「メタバース」をわかりやすく解説|仮想空間の第二の住処

メタバース」はここ最近はメディア等でも取り上げられ私達の目にも留まりやすい言葉ですよね。

なんとなく未来的な何か?仮想空間?

と言葉だけだとまだちょっとわかりにくい点が多いのも事実かもしれません。

当記事ではそんな今後確実に進化していくであろうメタバースについてわかりやすく解説していこうと思います。

スポンサーリンク

メタバースとは?

メタバースとは、

ネットワーク上の仮想空間またはそれを利用できるサービス

より詳細に表現すると、

アバターを利用して他人とコミュニケーションを取れるオンラインの空間またはサービス

アバターというのは自分自身の分身という存在で仮想空間内ではこのアバターが自分に代わって交流を行います。

「メタバースは第二の故郷」という人も居る程に夢中になれる要素を多く含んでおり「セカンドライフ」として楽しむユーザーも少なくありません。

スポンサーリンク

メタバースの具体例

  • オンラインゲーム(FF14、ロストアーク、黒い砂漠など)
  • VRChat
  • アバターを利用したオンライン会議
  • ブロックチェーン
  • あつまれ どうぶつの森

具体例に挙げたコンテンツはタイプは違えど「仮想空間の中にアバターが複数存在できる」「アバターでコミュニケーションを取れる」ため全てメタバースに含まれます。

メタバースの語源

メタバースの語源は以下の二つの英単語を組み合わせた造語です。

meta(超)」 + 「universe(宇宙、人間の居る世界)」 = Metaverse

「meta」は「超越した」や「高次元の~」のような意味を持ちます。

概念的な物事を説明する時に用いられやすく理解を超越した存在であったり別の次元にあるものという規模が大きく曖昧な表現を持つ単語といった感じです。

「universe」は「宇宙」や「万物」の意味。

こちらも非常に壮大かつ現実離れしたものを表していますよね。

2語をまとめると非現実的な空間現実を超越した空間と捉えられるというわけです。

余談ですがMetaverseという言葉は実は最近作られたわけではなく元はニール・スティーヴンスンというSF作家が1992年に送り出した作品「スノウ・クラッシュ」内で仮想空間を示す言葉として用いたのが発祥と言われています。

メタバースをするには何が必要?

メタバースに参加するためには大きく分けて3つのものが必要になります。

  • クラウドサーバー(仮想空間の提供)
  • パソコン、スマートフォン、VR機器(仮想空間へのアクセス)
  • アバター(仮想空間内でのキャラクター)

各要素を簡単に説明していきます。

サーバー

クラウドサーバーは仮想空間を作り出すのに必要なメタバースを提供する側が用意するものです。

このサーバーに参加者がアクセスすることで交流が可能になるという図式です。

もしもメタバース運営者になってみたい仮想空間そのものを作りたいという方は管理方法や不具合への対処も担う可能性があるためサーバーの知識が必須になります。

パソコンやスマートフォン

メタバースにアクセスするためのデバイスです。

今のところはパソコンからのアクセスがメインとなることが多いですが今後の展開次第ではスマホからのアクセスも増えることが予想されるためより気軽に参加が可能となることでしょう。

他にはVRヘッドセットなどが代表的です。恐らく見たことがある方も多いかと。

VR機器を用いることで自分が本当に仮想空間内に飛び込んだかのような体験ができるため近年需要が高まりつつあります。

アバター

メタバースで自身の代わりとなるキャラクターです。

アバターは仮想空間内での自分の姿ということでオリジナルキャラを一から自作しているという方も多いですね。

一から作るのは難易度が高い…という方にはパーツを組み合わせてアバターを簡単に作れるサービスや完成品を販売しているサービスもあるためそちらから探すのもおすすめです。

まとめ:メタバースの今後の展望

メタバースは現代のコロナ自粛や何かと外に出ないでネット等で物事をこなせる時代にマッチしたまさに近未来的かつ将来性が見込めるコミュニケーションツールとして注目を集めつつあります。

社会の中での活用も増えつつあり例えば様々な理由から学校に行けない子ども達にメタバースを提供することで自宅に居ながら学習、交流が可能になるなど大きな変革が起こる要素を秘めています。

メタバースであれば学校の建物自体を仮想空間内に再現することで廊下を歩いたり教室のイスに座って友達とアバター同士で他愛ない会話をするといったオンライン授業だけでは不可能だったことも可能になりうるため新しい教育の形が生まれるかもしれません。

メールや通話とは違った全く新しいコミュニケーション手段としてメタバースは今後の技術革新と共に進化を続けるコンテンツになることが期待できると言っていいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました