ゲーム

【MMORPG】「サポーター(補助役)」とは?メリットデメリットや注意点を解説

サポーターって何?

ゲーム内でどんな役割?

今回はMMORPGにおける「サポーター」について解説をしていきます!


攻撃よりも味方への手助けに長け、火力の底上げや敵への弱体化を行うという少しユニークな欲割で独特な楽しみ方ができます。


サポーターを知らない、サポーターをこれからやってみたいという方向けの説明となっているのでご参考にして頂けると幸いです!

スポンサーリンク

サポーターとは?

サポーターの特徴
  • 味方を強化し敵を弱体化させる
  • 味方の能力を一時的に上げるスキルを持つ
  • 敵の能力を一時的に下げるスキルを持つ
  • サポーター自身の攻撃力は控えめなことが多い

サポーターとはMMORPGにおける「補助役」のことでバッファーデバッファーという別名もあります。


味方にバフ(強化)を敵にはデバフ(弱体化)を与えて戦いを有利にする役割を担います。


そのため直接的な攻撃性能は控えめなことが多く、とにかく味方の戦闘がスムーズになるよう手助けを行うという独特な特徴を持ちます。

スポンサーリンク

サポーターはこんな人に向いている

続いてサポーターに向いてる人の特徴をまとめました。


以下に2点に当てはまったらサポーターの素質アリ!

こんな人はサポーター向き
  • 仲間を強くしたい
  • 縁の下の力持ちになりたい

仲間を強くしたい

自分よりも仲間を優先して強化し気持ちよく攻撃してほしい…そんな慈愛の心を持つあなたはサポーターにぴったりです!


実はエンドコンテンツ(難易度の高いダンジョンなど)ではかなり重宝される役割であることから以外にも出番は多めです。

縁の下の力持ちになりたい

正直なところサポーターはアタッカーのように派手な攻撃をしたり、タンクのように仲間を守るといった花形的な立場とは言いにくいです。


しかしその代わりに目立つことは少ないが確実に支援を行う縁の下の力持ちとなれるため見えにくい部分で味方をお手伝いしたい方におすすめです。

サポーターが意識すべきこと&注意点

サポーターは他の役割に比べると特殊な立ち回りを要求され、最終的にコンテンツ攻略の進行具合に お大きく影響を及ぼすこともあります。


そのため意識すべき点や注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

サポーターが意識すべきこと&注意すべきこと3点
  • 「攻撃」よりも「支援」に集中する
  • 敵に有効な弱体効果を知る
  • 味方の状態に目を向ける

「攻撃」よりも「支援」に集中する

ゲームタイトルによる差はあるもののサポーターは支援特化であり攻撃性能はヒーラー等と同様に低めなことが多いです。


第一に「支援」二に「攻撃」を基本として立ち回るほうがサポーターとしての役割を全うできます。

敵に有効な弱体効果を知る

敵によっては「一部の弱体効果しか効かない」「逆に強化されてしまう」という曲者も存在します。


こういう敵に対して有効打以外の弱体スキルを使うとロスになってしまいパーティメンバーに迷惑をかけてしまうことも。


なので前もって敵の弱点を知る「予習」といった行為が特に必要になる役割でもあります。


そういう意味だとサポーター自体は少しだけ玄人向けの役割、とも見れます。

味方の状態に目を向ける

味方への強化は永続なものもありますが、大体は時間が経つと切れてしまいますから適時スキルを再使用する必要が出てきます。


あとは強力な敵の攻撃に合わせてこちらも防御スキルを発動したりと状況判断能力もある程度求められます。


どのプレイヤーの強化が切れているか?強化時間の残りはどのくらいか?など注視が必要です。


ヒーラーと同様周りを見ることが非常に重要になります。

サポーターをやるデメリットとメリット

最後にサポーターをプレイする上でのデメリットとメリットを解説致していきます。

サポーターのデメリット

デメリットは3点ほどあります。

  • 味方、敵どちらにも目を向ける必要がある
  • 攻撃には参加しにくい
  • ぶっちゃけ戦ってる感は薄い

味方に加えて敵もしっかり観察する必要がありヒーラーと同様もしくはそれ以上に忙しいです。


また冒頭でも少しお話ししたように攻撃には参加しにくく名前の通り補助に徹するスタイルとなりそこは少々デメリットと感じるかもしれません。


それに伴い戦ってるという感覚がイマイチ掴みにくいのも事実で人によっては退屈だったりつまらなく感じる可能性があります(その場合は他の役割をやるのがいいかも)。

サポーターのメリット

メリットも3点ほどあります。

  • パーティへの貢献度が高い
  • 支援能力の高さからパーティに入れてもらいやすい
  • 敵の行動を調べる癖がつく

バフ(強化)、デバフ(弱体化)を駆使することで確実にパーティメンバーを支援できるためやってることは地味ですが周囲から見た貢献度はかなり高いと言っていいでしょう。


さらに支援があるのと無いのとではコンテンツの攻略速度が目に見えて変わることもあるためサポーターは優先的にパーティに入れてもらいやすい傾向もあります。


また意識すべき点でもお話ししましたが、支援をする上で敵がこのターン何をしてくるか?といったことを把握する必要が出てくるのでダンジョンの特徴やギミックの理解など徐々に「調べ癖」が付いてくるのもメリットと言えるでしょう。

縁の下の力持ち「サポーター」:まとめ

以上がサポーターについての解説でした。


間接的なパーティへの支援が主となるのでプレイする人よってはちょっと味気無さを感じる事があるかと思いますが、実はめちゃくちゃ貢献できる役割というのも事実です!


現実でもこの人が居ないと困る…みたいな瞬間ありますよね?ああいう時に居たら助かるのが「サポーター」だと思って頂けたらわかりやすいかと思います。


表舞台より裏方で頑張ってみたいという方は是非サポーターにチャレンジしてみてくださいね!

\\\ 記事で学んだことを活かしたいならFF14がおススメ! ///
広大な世界とボリュームたっぷりのMMORPGを楽しもう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました